2012年04月03日

YAMAHA SR400換装用 XJR400スイングアームリアサスマウントアルゴン溶接

毎度です!ご無沙汰しております。
(更新も、せんと何が毎度やねん?!と言う厳しいお声、、、お許しを、。)
すっかり季節も小春日和が続く暖かい日が続いております。
いよいよ、バイクに車にetcシーズン突入!!か?!と言う所で、本当有難い事に多数のご依頼を頂いております。

当ブログをご覧頂いております方には、この場をおかりしまして御礼申し上げます。
有難うございます。
実は?!口下手(何の情報やねん!?と言う厳しいツッコミ、、。流して下さい)な私ですので、上手くは言えませんが日々感謝しております。


そして、本題のYAMAHA SR400換装用 XJR400スイングアームリアサスマウントアルゴン溶接ですが、まず初めにお断りしておきますと、画像少ないですorz
作業にどっプリ集中してしまい、ハッっと気が付けば画像撮り忘れておりました。
その代わり、と言っては何ですが少し独断&偏見に満ちた自我論を語ってみたいと思います。

それでは、行きましょう!!

image-20120403011350.png
まず、お客様よりこの様な状態でお持ち込み頂きました。(マニアの方ならご存知かと思いますが、ヤマハSR400へXJR400スイングアームを流用する際、ピボット部、サスペンションマウント部、リアハブ などなど 複数の加工を必要とする様です。
恥ずかしながら、私今回のご依頼で勉強させて頂きました。)

オークションで入手されたそうですが、ピボット部迄しか加工が施されておらず、装着出来なくは無いが無理付けは、、、と困っていた様です。マウント部は今回のご依頼に辺り、ご自身でカットされたそうです。
上から、物を申しますつもりはございませんが、その判断は正解だと思います。
リアサスマウント。
一級重要部品です。
元々のマウント部から推測すると仮に、無理やり付けした場合物凄く、ローダウンかつ凄いレイダウン具合になります。
ローダウンはともかく過度なレイダウンはリアサスペンションダンパーロッド及びエンドアイに凄いストレスが掛かってしまいます。
最悪の場合直接事故に結び付きます。
相当危険です。
危険なんてレベルでは無いかも知れません。
『殺人マシーン』です。(お客様ごめんなさい。)

いつも通り話が、逸れてしまいましたが戻りまして、






image-20120403013800.png
まず、溶接シロを確保すべく部分的にアルマイト皮膜を剥がす為、研磨します。
出来上がり後、塗装を行うそうなので♯80研磨から始め、♯600辺りまで研磨を掛けさせて頂きました。サラサラです。

image-20120403014305.png
こちらは、別のスイングアームよりマウント部のみを取り外した物を綺麗に取り外した物をお持ち頂きました。
(この様な重要部品は、例外を除き基本再利用は致しません。
何故か。
部位故に、目視では分からない微細なクラック、合金によっては一度溶接熱を加えると強度が落ちてしまっている物、色々な危険要素を含んでいる可能性が有るからです。
生命に大きく関わります。
ただ、今回のケースとても綺麗に取り外しされており綿密に確認、チェックさせて頂いた所、使用可能と判断しました。
コスト面の問題もございました。
社外溶接マウント、、いいお値段です、、!)


座り、平行度をきちんと出す為底面を面出ししました。

アルミ溶接に大敵な、汚れ、油分を除去する為、こちらもスイングアームと同じくアルマイト剥がし〜脱脂洗浄を行い溶接作業に備えます。


image-20120403020002.png

image-20120403020034.png

と、ここで飛びました。
イキナリくっ付いてしまってます。
寸法出し〜仮付け 画像が抜けてしまいましたm(_ _)m

そうなんですよ!!
ピピンと来た、ご覧の貴方!!鋭いです!
この、たかだか寸法出し、、いやいやいや!
されど寸法出しに、凄く集中し、考え、時間を費やしました。
大体、全体作業の3/5は寸法出しに時間を掛けました。
何故かと言いますと、
1:スイングアーム本体アーム部は、微妙なRがついた造りになっている為。
2:キツイR登頂部(マウントを座らせる座面)が、膨らんでいてフラットでは無い為。
3:上記の事より、単純に取り付けてしまうと、
溶接強度の低下、リアサス取り付け時平行が出なくなり、動きが悪く、不細工なバックショットになってしまう。

ですので、計測、フィッティング、調整を何度も何度も繰り返しました。

そして、位置決め、左右バランスを取り仮溶接の後本溶接を行いました。






image-20120403021913.png
左右、上下バランス共に良好です。
少し左下がりに見えますが、エンドアイ固定穴が数mm広がり気味の為です。



image-20120403021642.png

image-20120403021713.png

image-20120403021734.png
もう少し、綺麗にビードを引けるとベストだったのですが、アーム部板厚が結構分厚かった事と、通常アルミ溶接に使用する溶加棒とは違う物を使用した為 設定〜溶接作業に至り、難易度が高く感じました。(更なる向上に務めて参ります)

溶加棒ですが、重要箇所ですので高強度のアルミ棒を使用しました。引っ張り強度等が違います。
一本単価も高いです。

最後に、クリーニング跡を不繊維シートで磨き洗浄して完成です。

合わせて他のご依頼を頂いておりまだお客様にはお渡ししておりません。

最後に、語りますがなんと無く聞いて頂ければと思います。

まず、当店にご依頼頂く内容の殆どが街乗り主体の乗り物です。
当然、街乗り主体ですと大幅な安全マージンは最優先して確保しなければなりません。

取り方としては、じゃあレースマシンは危険なん?と取られますと、それは違います。
レースマシンも安全です。
むしろ、走行するスピード域が違い耐えず転倒する可能性が有る分パーフェクトな安全設計だと思います。
ただ、やはり性能を追求すると薄く、軽くとなる為耐久性が落ちてしまいます。
ですので、性能維持の為には、頻繁なメンテナンスが必要になります。

話が逸れましたが、部品製作、加工に辺りまず安全性をじっくり考えます。

何故かと言いますと、パーツメーカーさん等では、まず企画〜設計段階で強度計算と言う計算を行っていると聞いた事が有ります。
取り付け位置、角度、使用部材、溶接長、表面処理 等 トータルで考えつつ色々なシチュエーションを想定して設計されてるのでは無いでしょうか?!
建物の建築にも必ず有ります!
プロフェッショナルと言えるかと思います。

当店に置き換えた場合正直に申しますと、計算出来ません。
しかし、そういう強度計算を依頼する事は可能だと思います。
ただ、一つ製作する度に計算を依頼していては
高額製作、加工ばかりになってしまいます。
それでは、お金が幾ら有っても足りません。
そこで、どの様に!?ですが、
決して大袈裟では無く、真面目にお客様の命を託す重要な乗り物、部品で有る以上、綿密に計画、設計を行います。
それを支えているのは、過去の経験より培ったノウハウで有り、一つ一つを追求する探究心で有り、自分以外が乗り、使用するからと言う、責任感です。
計算数値として今の私には弾き出す事が実質出来ませんが、力のモーメント、ジオメトリー、材質強度、等、調べ、考え、想像する事が出来ます。
また、お客様対私ですのでお客様個々の使用シチュエーションに見合った提案が可能です。
前例の無い物等は特にですが、部材の選定、特性調査から入る様常に心掛けております。
使用部位、使用シチュエーションに最適な部材は何か??
幾ら安くとも、部位から考えて不安、強度的危険な部材は頼まれてもお断りします。

設計ですが、今持っている知識を総動員し、見合った資料を調べ尽くし、サンプルモデルを造れる物は、数パターン造ります。
そこから、やはり見た目も重要ですので、外観良く実用強度も申し分無しの、ベストを追求します。

何か、言葉足らずで非常に分かりにくい内容になってしまいましたが、ご安心してお任せ下さいと閉めさせて頂きます。

内容より気になる方は、お気軽に一度遊びに来て頂ければと思います。
コーヒーでも飲みながら、お話しましょう。

どの様な事でも、全力でさせて頂きます。
貴方のお手伝いさせて下さい。

また、遠方よりのご依頼 の場合宅急便にて対応させて頂きます。

宜しくお願い致します。

では。



posted by だいさん at 12:37| Comment(0) | TrackBack(0) | 溶接、加工 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2012年03月12日

シボレー アバランチ マフラーフランジ溶接加工

また、少し間が空いてしまいました。orz
反省、、、します。
重作業が重なりしばしバタバタしております。有難いですm(_ _)m感謝しております。
とここで、先日の冒頭に記載しました『塗装業務』の事で一つ訂正させて頂きます。
今現在、塗装のご予約も4件程頂いており先日お話しました内容を元に、本当にこのクォリティーで良いのか??と、ご予約を頂くに連れ、自問自答を幾度と無く繰り返しておりました。
答えは、NOです。ベストでは、有りません。
ベストを尽くさずして、お客様に顔向け出来ません。
より良い環境で塗装業務を行う為、店舗裏スペースに塗装ブースを製作し始めました。
小規模&自然吸気式と、ペイント屋さんのブースより劣りますが、作業性、塗装クォリティー共に向上させる事が出来るかと思います。

余談は、置いておきましてこの度のご依頼は、アメリカ車(間違って無いでしょうか?)シボレー アバランチ マフラーフランジ溶接加工になります。
今回のご依頼通常に、修正等の為フランジを溶接するのでは無く一風変わった加工でその後が、とても興味深い物でした。
内容ですが、センターパイプ部へY字のパイプを取り付け、片側へ電動のバタフライバルブを取り付けると言った物でした。
文字での説明は困難ですが、どうですか?ワクワクしないですか??
他車種でも有る、排気ベンチュリーみたいな感じです。
それでは、行きましょう。

image-20120312032647.png

image-20120312033905.png

まず、これがそのパイプとユニットに辺ります。MADE IN U・S・Aですかね?!
こちらは、お客様サイドでご用意して頂きました。

当初、センターパイプをカットして直接溶接加工とご相談を受けて居りましたが、メンテナンス性、ノーマル形状復帰を視野に入れると利便性が失われるのではと思い、各エンドへフランジを溶接し、ボルトでの取り付けを提案させて頂きました所承諾頂けましたのでフランジ溶接加工との運びになりました。

image-20120312033935.png
これが、取り付けるフランジになります。
SUS材になります。
本当は、4枚ですが1枚仮付け中にハッと写真を撮り忘れていた事に気付いた時の物ですので3枚になります。
ここで、円の内径に着目して頂きたいと思います。目安となる定規を当てながら写真に収める事を忘れて居りましたが、内径70mmになります。内径が、パイプ直径ですので極太ですね!
資料を見た限りでは、排気量が5000cc程有るみたいです。(8000ccか5000cc確認しておりません。どちらでしょうか。)どちらにしろ、大排気量ですね。アメリカンです。


image-20120312035301.png
こちらが、マフラーを持ち帰りカットした物です。余談ですが、先日のバンドソーでカットしましたが、鋸刃をレノックス社製の物に変えてから本当に良く切れます。
断面も綺麗です。


image-20120312035724.png
こちらの、接合部にフランジを溶接して行きます。

image-20120312040107.png
通常、フランジをパイプ径に合わし購入すると思いますので、フランジ内径と、パイプ直径のクリアランスは殆ど出ませんが、今回アメリカ規格なのか分かりませんが、パイプ径が75mm
フランジ内径が76.3mmと少しクリアランスが出てしまいました。(フランジ内径75mmが、流通しておりますが、高価でした。)
当然、クリアランスを可能な限り詰めておきます。鉄パイプを用い、ハンマリングです。

image-20120312040835.png
次に、並行してマフラー本体側の下準備をしておきます。
溶接代の表面研磨、内部カーボンの研磨(カーボンを取っておか無いと溶接の熱をかけた際、変な煙、有毒ガス?が出ます。体に、良いとは思えません。)カット際の、直角出しを行っておきます。

image-20120312041356.png
そして、仮付けです。
パイプに対しての、フランジ角度に気をつけます。

image-20120312041848.png
今回、フランジ厚9mmと厚めの物を使用した為パイプ肉厚との差実に7mm前後になります。歪やすいステンレス溶接に、板厚違いの溶接気を使います。
極力歪ませ無い様、少しづつ少しづつ冷却しては、溶接、冷却しては、溶接していきます。大きく、面が歪めば即排気漏れです。

image-20120312042511.png

image-20120312042631.png

image-20120312042655.png
やはり、少し歪が発生した為歪修正、面研磨を施しました。
image-20120312042849.png
定盤上で、面確認します。
裏からライトアップしています。
光がほぼ、こぼれていない事から荒面が出ていると言えます。

image-20120312043053.png
Y字パイプは、酸洗い後不繊維磨き仕上げ、マフラー本体側は耐熱シルバー塗装を掛けさせて頂きました。

image-20120312043419.png
最後に、釣りフックの一箇所が車体から取り外す際どうしても車体に干渉してしまいマフラー本体を取り外す事が出来なかった為、釣りフックを一部カットしました。

そのまま溶接してしまっては、逆に車体へマフラーが取り付けれなくなってしまいます。
カットした、部分をボルト止め式に加工させて頂きました。

image-20120312043853.png

image-20120312043936.png
フランジボルト及び、釣りフック取り付けボルトは全てクロモリ高強度ボルトを入れさせて頂きました。
高強度です。

image-20120312044246.png

image-20120312044313.png
完成です。
後は、お客様の車両の方へ取り付けさせて頂きました。
始動チェックが出来なかった事も有り、その後が凄く気になる所でも有ります。

この度は、当店へのご依頼誠に有難うございました。
また、何か御座いましたら宜しくお願い致します。

この様な比較的大きな車両、二輪、四輪問わず加工等承ります。

ただし、四輪に関しましては当方で脱着を行わさせて頂く際、下に潜れる車高又は、ジャッキUP出来る環境が有る、が必須となります。

まずは、一度お話をお聞かせ下さい。
どの様な事でも、全力でお手伝いさせて頂きます。

では。





















posted by だいさん at 04:57| Comment(0) | TrackBack(0) | 溶接、加工 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2012年02月07日

ハーレー車種不明 フロントブレーキマスター アルゴン溶接修理

二月に入り早一週間です。しかし、悪天候続きで気分も曇りますね。こんな時は、良く食べ良く寝る!です(笑)
不謹慎感が、否めませんが人間に取って欠かせない事で有り明日への活力にもなる事ですよね?!
キッチリ充電してあげて、キッチリ使う事が大切なのでは?まるで、携帯電話の充電サイクルの様です。余談は、さておきも一つ余談になります。

と、ここで少しばかり営業させて下さい!
当ブログ左覧の『営業内容』にも記載させて頂いてます、『塗装業務』も行っております。
塗料は、 関西ペイント レタンPGシリーズを主に使用しており、下地造りからトップコート、磨き作業まで手を抜かず丁寧なペイントを常々心掛けております。
価格設定ですが、塗装業務全般的にペイント相場よりかなり抑えさせて頂いております。

あまり何々だから安くと言う、言い訳的な価格設定方法は好ましく無いのですが、今の私には出来る術となっております。
事由として、まず
@塗装ブース設備が無い為気候、天気等により作業進行が左右されやすい為
(今現在ご契約頂いております、250cc販売車両も先日全塗装を行いましたが、悪天候続きで本当泣きました)

A現状上記設備で有る為、対策を取り注意を払っても小さな異物、ゴミが塗膜内に混入してしまいます。

B塗装クオリティーとしましては、プロペイントショップさんが上の上としましたら、当店の塗装クオリティーは自己評価ですが、中の中〜中の上近辺だと思います。
色々な事を細かく色々な面から見ると、非常に
奥が深いです。日々精進です。

この様な感じで、塗装業務を行っております。
是非宜しくお願い致します!

本題が、遅くなりました。
先日ご依頼頂きました、ハーレー 車種不明のフロントブレーキマスターシリンダー アルミアルゴン溶接修理になります。

まず、物がこちらです。
image-20120207182313.png

image-20120207204312.png

マスターシリンダー上部より見た状態ですが、ブレーキホルダー上側が欠損しております。

これから、欠損部の代わりに板材を切り出し溶接して行く訳ですが、物がブレーキです。
重要部品ですので、綿密に考察してみました。

image-20120207183126.png
またまた、残念な手書き図ご勘弁下さい。
打ち合わせの際、お客様の方へ提案させて頂いた図その物になります。
まず、強度を考えるべく力のモーメントから考えてみました。
マスターシリンダーへピストンを組み込んだ状態で圧をかける(握り込む)と、いかに欠損修正部へ負荷(引っ張り方向)がかかるかが解るかと思います。
修正の際強度を重視しなければなりません。
又、欠損箇所すぐ横にピストンが入る為熱歪みによるシリンダーの変形が心配されます。
歪んでしまえば、フルード漏れ等を引き起こし結果として『使い物にならなく』なってしまいます。
図上の他の図は、上記の問題点をクリアする為提案させて頂いた物になりますが、コスト的な事で見送りとさせて頂きました。
当初よりの、アルゴン溶接での修正となりました。

image-20120207204227.png
欠損部の板材は整形済みの物を、お客様の方でご用意して下さいました。

image-20120207204514.png
強度確保の為、接合部へ開さき加工を施します。
裏面が、レバー摺動面に辺るので、溶接後ビートを削り取らなければいけない為切削後の強度確保の為と、板厚が約5mmと極厚とまではいきませんが、良く溶け込ませ、2〜3層ビートを盛りたいので、かなり深めに開さき加工を施しました。
同時に、接合部の擦り合わせもキッチリ行います。

image-20120207231127.png
同じ板厚、同じ部材でアークを飛ばし機械のベストな設定を割り出します。
今回は、奇跡的に一度で決まりました。
エクスタシーです。
設定後、仮付けします。

image-20120207231427.png
本溶接ですが、外観部品、接合面に機密性を要する物(マフラー接合面等)はいいかげんにアースを取ってしまうと、良からぬ場所でスパークしたりしてしまい、クレーターで外観台無し、傷で排気漏れ等起こし兼ね無い為、アース方法も考えて取ります。
ビシッとアースを取ればアークその物の安定にも繋がり、結果としてアース一つで溶接品質が向上します。
アースやら、アークやらややこしいと思います。ごめんなさい。

image-20120207232241.png
裏表共に、2〜3層程溶接盛りを行いました。
懸念してました、歪を出さ無い為少しビートを引いては冷ましビートを引きを繰り返します。
素手で触れる程の温度を極力キープします。
シリンダー内にも冷却の為に、工夫を凝らしましたが誠に申し訳御座いませんが、お見せ出来ません。
企業秘密と言う程の事では有りませんが、ノウハウです。

image-20120207232829.png
裏側は、レバー摺動面の為この様に切削、研磨をしました。
レバーに上下の遊びが出過ぎ無い様に、フラットに仕上げます。

image-20120207233038.png

image-20120207233059.png
各部、研磨仕上げを行い完成です!
表側ビートは、切削してしまえば、修正後がほぼ分からなくなりますが今回のケースは、欠損箇所、マスターシリンダー母材の材質よりして表側切削仕上げは危険と判断しました。

この度は、当店へのご依頼誠に有難う御座いました。
またの、ご利用心よりお待ちしております。
I様その後使用上いかがでしょうか?

今回のご依頼オークションにてジャンク品をお安く入手されたそうです。

中古品、絶版品を入手したのは良いのだけれど、修正し無いと使え無くてどうした物か?!

この様なケース勿論承ります!!
どの様な事でも、全力でさせて頂きます。
是非一度お話をお聞かせ下さい!

又、遠方のお客様は宅急便での対応させて頂きます。

では!






posted by だいさん at 23:46| Comment(0) | TrackBack(0) | 溶接、加工 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする