2015年04月14日

アドレスV100 クランクケース アルミ アルゴン溶接修理 

ご無沙汰しております!
ブログ更新の方 暫く、放置して、、、、。。。いた訳では有りませんヨ?!(汗)

何やら雨模様が続いておりますが、季節はすっかり春となりました!!
仕事に遊びにはたまた恋にと、新しい事がスタートする季節でもあります「春」ワクワク、ソワソワしてしまいます。

因みに私はと申しますと、お仕事そして、お仕事です!!
お蔭様で昨年11月で、当店開業4年目を無事迎えれた訳ですが、本年度 とても有り難い事に多方面のお客様よりご相談〜ご依頼を承らさせて頂ける様になって参りました。
これも、一重に沢山の良いお客様に出会えた事だと感謝しております!
初々しい気持ちを忘れず、今までより一層帯を締める気持ちで、直向きに追求し、勉強を怠る事無く 頑張って参ります!!
そうです!私も同じく ワクワク、ソワソワなのです!

この度のご依頼の方、また少し以前の内容となりますが アドレスV100 クランクケース ブレーキホルダー
(正式名称が不明ですので、仮名です)部 アルミアルゴン溶接修理 になります。

それでは、行ってみましょう!
まず、お客様サイドより「他店のバイク店さんで整備をお願いした際に、ケースのリアブレーキワイヤーホルダー部にクラックが入っていると指摘され、実際自身で確認後 どうも気持ち悪い(制動部分の為)ので、修理を、、」とのご相談を頂きました。
そうなのです、アドレスV100やV125のリアブレーキユニットの構造上ホルダー部が万が一、欠損するとブレーキケーブル アウター部を保持する事が出来なくなり、リアブレーキが使え無くなってしまうのです。
(厳密には、インナーワイヤーが引けなくなります。)
考えただけでも怖い怖いです。
ですが、実は同じ事例の修理が当店でも過去に2件程御座いました。
原因としては、これも構造上+ネジとステー板?!でケーブルが挟み込まれているので、整備の際貫通ドライバー 等で強いインパクトを加えるとクラックや折れてしまう様です。
力加減ですね。
この度のケースでも、周囲に縁石に乗り上げたや、ヒットした痕跡は皆無でした。
中古車との事でしたので、何処か流通の中での整備ミスが原因かと思われます?

まず、どれ程の深さでクラックが入っており、どれ程繋がっているのかを確認する為にも「破壊検査」を行います。「非破壊検査」ですと、何か凄そうに聞こえますがあくまで、「破壊検査」です!

084.JPG

085.JPG086.JPG

プライヤーで掴み、少しばかりひねると、、

087.JPG

ポロリ、、、、、、、、。。
088.JPG

いとも簡単に折れてしまいました。打撃等は一切加えていません。
どうやら、クラックどころでは無く 「皮一枚で繋がっていた」様です!
ガクガクブルブルが止まりません!

では、気を取り直しまして、作業に掛かります!
まず、今回の修正内容ですが、お客様とご相談の結果 折れてしまった部分は捨ててしまい、アルミ溶接にて肉盛りを行い、成形〜復元にて修正の方向で決定しました。

最初に、可能な限り強度を確保したいので 溶接不良で有る「不純物による沸き」を抑える為、欠損部分を超鋼刃を使い粗方切削した後に、徹底的にしつこく洗浄を行います。
(ただ、材質上どうしても不純物を取りきる事が不可能ですので、微細な溶接欠損が発生してしまいますが、実用上問題無いレベルです。)
090.JPG

そして、溶接対象物の内部にはベアリングやギア、はたまたクランクシャフト、シリンダー等が有りますクランクケースの為アースポイントを良く考え アースを取り、アルゴン(TIG)溶接にて肉盛りを行って行きます。
091.JPG
092.JPG
093.JPG

後に、成形を行いますので目標型の1.5倍程度に肉盛りを行います。
今回、位置関係で申しますとリアのファイナル室に近かった為、ファイナルギア廻りのベアリング〜オイルシールへ溶接の入熱による影響が懸念されましたので、熱影響を部分的にカット出来る薬剤を散布した上で、
溶接→冷却→溶接と、時間を掛け入熱を抑えました。
ここまで溶接で肉盛りを行うのに実に30〜40パスの溶接を行ってます。

肉盛りが完了すれば、8割方完成です!
今回のケースでは、下地作り〜肉盛り溶接が要で有り、最も神経を使わ無ければならない所です。
次に、欠損した破片を元に型を起こし、それを肉盛りした部分へトレースし、慎重に切削〜成形していきます。

094.JPG
095.JPG
096.JPG

画像ではすでに開いてしまっていますが、ネジ止め用の穴を空け、タップを切ります。
今回は、念を入れネジ部の強度確保の為、ヘリサート加工も行いました。
最期に、プライマー散布後 近似色にて部分塗装を行い完成となります。

100.JPG

099.JPG

101.JPG

この度のご依頼、部分が部分なだけに、通常であれば ケース交換、エンジン積み替え と中古車価格を超えかねない、高コストな修理に繋がる恐れのある故障でしたが、比較的にローコストに抑えれたと思います。
(安全が確保されての事は大前提です。)

この度は、当店へのご依頼誠に有難う御座いました。

四輪、二輪に囚われず、どの様な事でも当店の技術、設備にて可能な範囲でしたら随時ご相談承っております。決して手を抜かず、ベストを尽くさせて頂きます!

遠方のお客様は、可能な範囲で宅急便 等にて対応させて頂きます。
又、SHOP様 企業様よりのご相談も承ります。

どうぞ、お気軽にまずはお電話、Eメールにてお問い合わせ下さい。
ご相談お待ちしております。

最後に 当店、ブログ内容より「加工屋さん」のカラーが非常に濃い?!かと思いますが、「バイク屋さん」ですので、「通常整備」「修理」「カスタム」「車両販売」も通常業務として行っております。
宜しければ、そちらの方でもご相談下さい!

宜しくお願い致します。

ではでは!







posted by だいさん at 04:42| Comment(0) | TrackBack(0) | 溶接、加工 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2012年05月18日

車種不明 V-tecエンジン積載車両 ワンオフデュアルマフラー 製作

あらららです。随分とまた、日が空いてしまいました。
毎度です。ご無沙汰してます。
最近、夢の中でもずっとお仕事しています(笑)
現実も、ずっとお仕事しております。
とてもとても多忙です。
誠に有難うございますm(_ _)m
少し遅いですが、いよいよシーズン到来の春ですね!しかし、寒くなったり暑い位になったりと何かおかしな気候ですね。
この時期、風邪の一番引きやすい時期なのでは?!ご覧の皆様どうかお身体に気を付けて下さい。私は、風邪気味ですが、、。

では、行きましょう!!
今回の、ご依頼は 車種不明 V-tecエンジン積載車両 ワンオフデュアルマフラー 製作になります。
こちらは、私実車を拝見致しましたが『ものすごい』お車でした。
車種名が分からないと申しますか、聞いたのに忘れてしまいまして。
レーシーでは、無い車にレーシーなVtecエンジンを積んだ車両を何かのイベントへ出されるそうでして、今回そのマフラー製作のお手伝いをさせて頂きました。

まず、以前より疑問に感じておられる鋭い!方も居られるかと思いますが、リフト無いんじゃね?車預かれねんじゃね?
そうなんです!当店、バイク店で有りながら幅広く製作、加工を承らさせて頂いておりますが(四輪、二輪、農機具、ご年配の方の手押し車〜)やはり、店舗スペース&設備はバイク店ですので、特に四輪はお預かり等不可となってしまいます。

この様な事より、じゃあどうやってマフラーなんか実車無くして造るの?と疑問に感じておられるかと思いますm(_ _)m
そこは、一度は必ずリフトが必要なのですが(今回のケースでは、お付き合いさせて頂いている車屋さんよりのご紹介の為、リフトを特別に貸して頂けました。)
車両を預からなくても、製作する方法を随分以前に、考えました。
ここまで、引っ張っておきながらも企業秘密です。申し訳ございません。
ですので、二輪も同じ様な感じで対応可能です。(一度お預かりして、1〜2日で車両を一旦お返しの後マフラー製作後、納品)
ただ、製作の場合にのみと限ります。

少々長くなりましたが、次に

image-20120518024715.png
取り付け部角度、釣りフック位置、マフラーレイアウト等位置決めの為に治具を製作します。

そして、お次に治具は置いておきパイプを任意の角度にカットして行きます。
今回の部材は、最終マフラー本体を塗装されるそうなのでスチールで!とご指定頂いておりました。
STKM11A 機械構造用鋼管 薄手の普通の鉄パイプですね。50.8パイの直径です。

image-20120518025222.png

エキゾーストパイプの曲げ部の製作手法は大きく分けて、二つに分類されるかと思います。
曲げパイプを使う又は、ウエルドテック(エビ管)個人的には、ウエルドテックのレーシーな見た目が大好きです。
moto GP ワークスマシン等のエキパイは今だに、この手法なのかな?!
キツイRにも対応出来、自由幅が大きい事がこの手法最大のメリットでしょうか。
ただ、圧倒的に手間が掛かります。
今回の製作で、総ピース数35ピース程でした。
やり甲斐有ります!キテマス。

image-20120518030826.png

image-20120518033020.png


そして、そして先程頑張ってカットした物は、頑張ってカットしてもバリが沢山付いており、カットの面も出ていないので、一つづつ丁寧にバリ取り、擦り合わせを行っておきます。
(何気ないこの作業が、最も大事な作業だと思います。)

そして準備が完了した部材を治具に合わせ微調整を繰り返します。
マスキングテープで仮組を行い、角度調整、擦り合わせを心ゆくまで堪能します。
一つの曲がりを造るのに、10ピース前後有れば、一つ一つの部材が少しズレている、隙間が空いているだけでも、治具で設定した曲がりより大きく異なってしまいます。
鉄パイプに、穴が空く程よく見て、よく確認を行います。
image-20120518031711.png

image-20120518032922.png

ピッタリと行けば、仮づけを行います。

image-20120518032901.png

image-20120518033110.png
今回、デュアルタイプですので分岐しております。分岐パイプはフェイクでは無くキチンと排気機能する様に造っております。


image-20120518033340.png
以外と、大変なのがパイプとパイプを繋ぐジョイント根元ピースの製作です。
ホールソーをわざわざ購入するのも、、、ですので、手仕上げです。
隙間無くピッタリ合わせ無いとNGです。

image-20120518033635.png

image-20120518033704.png
しっくり来ましたので、全て仮づけの後最確認を行い溶接していきます。

image-20120518033841.png

image-20120518033918.png
と、ここで画像にはございませんがご覧頂いている皆様に朗報です。
今回の製作より、バックシールドガスを導入致しましたので、溶接箇所裏側にもアルゴンガスを流し、酸化を防ぐ為 更に高強度、高品質な溶接が可能となりました。
ただ、高価なアルゴンガスをゴージャスにも駄々流しに、、。
せ、セレブ。。。
(これで、チタン合金の溶接も可能ですが、技術鍛錬の必要がある為、ご依頼受付は今しばらくお待ち下さい。)


image-20120518034811.png

image-20120518035150.png

image-20120518035214.png


次に、釣りフック、ステーを製作します。
全て、板材、棒材より製作です。

出来上がったマフラーステーをマフラー本体のよじれ防止補強を兼ねて、溶接します。

image-20120518035121.png
今回、塗装前提ですので表面仕上げ等は無しです。(汚れを取る程度に、軽くは磨きました。)

特別注文デュアルマフラーの完成です。
(尚、イベント用ですので消音インナー等はございません。)


image-20120518035639.png









image-20120518035710.png

image-20120518035755.png



image-20120518035836.png

image-20120518035902.png



image-20120518035938.png

イベントでの成功を微力ながら、お祈りしております。
この度は、当店へのご依頼誠に、有難うございました。

この様な、ワンオフ製作、加工随時承っております。
唯一無二のワンオフ、オリジナリティに溢れております。

どの様な事でも全力でさせて頂きます。
バイクライフ、etcのお手伝いを、させて下さい。

尚、遠方の方の場合宅急便でのご依頼も対応させて頂きます。
宜しくお願い致します。

では!!

posted by だいさん at 04:08| Comment(0) | TrackBack(0) | 溶接、加工 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2012年04月03日

YAMAHA SR400換装用 XJR400スイングアームリアサスマウントアルゴン溶接

毎度です!ご無沙汰しております。
(更新も、せんと何が毎度やねん?!と言う厳しいお声、、、お許しを、。)
すっかり季節も小春日和が続く暖かい日が続いております。
いよいよ、バイクに車にetcシーズン突入!!か?!と言う所で、本当有難い事に多数のご依頼を頂いております。

当ブログをご覧頂いております方には、この場をおかりしまして御礼申し上げます。
有難うございます。
実は?!口下手(何の情報やねん!?と言う厳しいツッコミ、、。流して下さい)な私ですので、上手くは言えませんが日々感謝しております。


そして、本題のYAMAHA SR400換装用 XJR400スイングアームリアサスマウントアルゴン溶接ですが、まず初めにお断りしておきますと、画像少ないですorz
作業にどっプリ集中してしまい、ハッっと気が付けば画像撮り忘れておりました。
その代わり、と言っては何ですが少し独断&偏見に満ちた自我論を語ってみたいと思います。

それでは、行きましょう!!

image-20120403011350.png
まず、お客様よりこの様な状態でお持ち込み頂きました。(マニアの方ならご存知かと思いますが、ヤマハSR400へXJR400スイングアームを流用する際、ピボット部、サスペンションマウント部、リアハブ などなど 複数の加工を必要とする様です。
恥ずかしながら、私今回のご依頼で勉強させて頂きました。)

オークションで入手されたそうですが、ピボット部迄しか加工が施されておらず、装着出来なくは無いが無理付けは、、、と困っていた様です。マウント部は今回のご依頼に辺り、ご自身でカットされたそうです。
上から、物を申しますつもりはございませんが、その判断は正解だと思います。
リアサスマウント。
一級重要部品です。
元々のマウント部から推測すると仮に、無理やり付けした場合物凄く、ローダウンかつ凄いレイダウン具合になります。
ローダウンはともかく過度なレイダウンはリアサスペンションダンパーロッド及びエンドアイに凄いストレスが掛かってしまいます。
最悪の場合直接事故に結び付きます。
相当危険です。
危険なんてレベルでは無いかも知れません。
『殺人マシーン』です。(お客様ごめんなさい。)

いつも通り話が、逸れてしまいましたが戻りまして、






image-20120403013800.png
まず、溶接シロを確保すべく部分的にアルマイト皮膜を剥がす為、研磨します。
出来上がり後、塗装を行うそうなので♯80研磨から始め、♯600辺りまで研磨を掛けさせて頂きました。サラサラです。

image-20120403014305.png
こちらは、別のスイングアームよりマウント部のみを取り外した物を綺麗に取り外した物をお持ち頂きました。
(この様な重要部品は、例外を除き基本再利用は致しません。
何故か。
部位故に、目視では分からない微細なクラック、合金によっては一度溶接熱を加えると強度が落ちてしまっている物、色々な危険要素を含んでいる可能性が有るからです。
生命に大きく関わります。
ただ、今回のケースとても綺麗に取り外しされており綿密に確認、チェックさせて頂いた所、使用可能と判断しました。
コスト面の問題もございました。
社外溶接マウント、、いいお値段です、、!)


座り、平行度をきちんと出す為底面を面出ししました。

アルミ溶接に大敵な、汚れ、油分を除去する為、こちらもスイングアームと同じくアルマイト剥がし〜脱脂洗浄を行い溶接作業に備えます。


image-20120403020002.png

image-20120403020034.png

と、ここで飛びました。
イキナリくっ付いてしまってます。
寸法出し〜仮付け 画像が抜けてしまいましたm(_ _)m

そうなんですよ!!
ピピンと来た、ご覧の貴方!!鋭いです!
この、たかだか寸法出し、、いやいやいや!
されど寸法出しに、凄く集中し、考え、時間を費やしました。
大体、全体作業の3/5は寸法出しに時間を掛けました。
何故かと言いますと、
1:スイングアーム本体アーム部は、微妙なRがついた造りになっている為。
2:キツイR登頂部(マウントを座らせる座面)が、膨らんでいてフラットでは無い為。
3:上記の事より、単純に取り付けてしまうと、
溶接強度の低下、リアサス取り付け時平行が出なくなり、動きが悪く、不細工なバックショットになってしまう。

ですので、計測、フィッティング、調整を何度も何度も繰り返しました。

そして、位置決め、左右バランスを取り仮溶接の後本溶接を行いました。






image-20120403021913.png
左右、上下バランス共に良好です。
少し左下がりに見えますが、エンドアイ固定穴が数mm広がり気味の為です。



image-20120403021642.png

image-20120403021713.png

image-20120403021734.png
もう少し、綺麗にビードを引けるとベストだったのですが、アーム部板厚が結構分厚かった事と、通常アルミ溶接に使用する溶加棒とは違う物を使用した為 設定〜溶接作業に至り、難易度が高く感じました。(更なる向上に務めて参ります)

溶加棒ですが、重要箇所ですので高強度のアルミ棒を使用しました。引っ張り強度等が違います。
一本単価も高いです。

最後に、クリーニング跡を不繊維シートで磨き洗浄して完成です。

合わせて他のご依頼を頂いておりまだお客様にはお渡ししておりません。

最後に、語りますがなんと無く聞いて頂ければと思います。

まず、当店にご依頼頂く内容の殆どが街乗り主体の乗り物です。
当然、街乗り主体ですと大幅な安全マージンは最優先して確保しなければなりません。

取り方としては、じゃあレースマシンは危険なん?と取られますと、それは違います。
レースマシンも安全です。
むしろ、走行するスピード域が違い耐えず転倒する可能性が有る分パーフェクトな安全設計だと思います。
ただ、やはり性能を追求すると薄く、軽くとなる為耐久性が落ちてしまいます。
ですので、性能維持の為には、頻繁なメンテナンスが必要になります。

話が逸れましたが、部品製作、加工に辺りまず安全性をじっくり考えます。

何故かと言いますと、パーツメーカーさん等では、まず企画〜設計段階で強度計算と言う計算を行っていると聞いた事が有ります。
取り付け位置、角度、使用部材、溶接長、表面処理 等 トータルで考えつつ色々なシチュエーションを想定して設計されてるのでは無いでしょうか?!
建物の建築にも必ず有ります!
プロフェッショナルと言えるかと思います。

当店に置き換えた場合正直に申しますと、計算出来ません。
しかし、そういう強度計算を依頼する事は可能だと思います。
ただ、一つ製作する度に計算を依頼していては
高額製作、加工ばかりになってしまいます。
それでは、お金が幾ら有っても足りません。
そこで、どの様に!?ですが、
決して大袈裟では無く、真面目にお客様の命を託す重要な乗り物、部品で有る以上、綿密に計画、設計を行います。
それを支えているのは、過去の経験より培ったノウハウで有り、一つ一つを追求する探究心で有り、自分以外が乗り、使用するからと言う、責任感です。
計算数値として今の私には弾き出す事が実質出来ませんが、力のモーメント、ジオメトリー、材質強度、等、調べ、考え、想像する事が出来ます。
また、お客様対私ですのでお客様個々の使用シチュエーションに見合った提案が可能です。
前例の無い物等は特にですが、部材の選定、特性調査から入る様常に心掛けております。
使用部位、使用シチュエーションに最適な部材は何か??
幾ら安くとも、部位から考えて不安、強度的危険な部材は頼まれてもお断りします。

設計ですが、今持っている知識を総動員し、見合った資料を調べ尽くし、サンプルモデルを造れる物は、数パターン造ります。
そこから、やはり見た目も重要ですので、外観良く実用強度も申し分無しの、ベストを追求します。

何か、言葉足らずで非常に分かりにくい内容になってしまいましたが、ご安心してお任せ下さいと閉めさせて頂きます。

内容より気になる方は、お気軽に一度遊びに来て頂ければと思います。
コーヒーでも飲みながら、お話しましょう。

どの様な事でも、全力でさせて頂きます。
貴方のお手伝いさせて下さい。

また、遠方よりのご依頼 の場合宅急便にて対応させて頂きます。

宜しくお願い致します。

では。



posted by だいさん at 12:37| Comment(0) | TrackBack(0) | 溶接、加工 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする