2014年06月30日

ヤマハ グランドアクシス100 100mmロングホイールベース エンジンマウント 溶接 製作 加工

毎度です。ご無沙汰しております、、、。です。
半年振りの更新になります!!何とか生きております。
いやはや何とも、本年になりまして早やくも7月のもうすぐそこに、暑い暑い「夏」がチラッと見えて来ていますネ!!私夏は好きな方です!もりもり食べてここ10数年は夏バテ知らずです!
何かこう、エネルギッシュになれますよね?!ご覧頂いている皆さんは如何でしょうか?!

現在の直近の目標?!予定は店舗に「エアコン設置」です!矛盾してますか?!
「暑い物は暑いんです」キリっ

当ブログを初めまして約3年、数こそ少ないですが中身の濃厚?!な、更新記事を見て頂いたコアなお客様(失礼!)より、当ブログを通じまして多数のお問い合わせ〜ご縁を頂ける様になって参りました。
中でも2度3度とご来店頂いておりますお客様には、「ブログ更新は?!」「ブログ閉鎖?!」「更新せい!!」と、優しくも厳しいご意見を良く頂く様にもなって来ました!

意外や以外の想定外な事も有ります様で、楽しみにされているのだな、と真摯に受け止めさせて頂きこの喜びを又一つ糧とさせて頂き、お仕事に邁進させて頂きたいと思います。
(それとなく、ぼかしたつもりは御座いませんがブログ更新も温めている?!UP画像も数点御座いますので、更新も極力(苦笑)頑張ります!!)

少し前置きが長くなりまして、久々の更新内容ですが、表題に御座います  ヤマハ グランドアクシス100 100mmロングホイールベース エンジンマウント 製作 加工 になります。
こちらの内容は随分以前の物になります。

まず、お客様より「ロングホイールベースにしたいのだが、市販品ではイメージしている完成型よりも、伸びすぎてしまう為、可能で有れば100mm延長辺りで」とのご相談を頂きました。
そして、私なりに市販品KIT等を、隈なくお調べさせて貰いました所、過去には某メーカー様よりグランドアクシス100用100mmロングホイールベースKITが市販されていた事までは付きとめたのですが、あくまで「過去に」に付き、既に販売終了品の為入手困難(不可)でした。

無い物は、「作る」しか選択の余地は御座いません。Let,s作りましょう!

まず、通常のいつもの当店の流れとしまして、採寸→考察→お見積り→GOサインを頂き次第施工 となりますので、採寸をまず初めに行ったのですが行き成り、大きな問題に直面しました。
ただ、同時進行で他様々な部分を確認し、作戦を立てて見ました所「この山をクリア出来れば、後はとてもなだらか道」になりそうな雰囲気でした。

*今回作業途中の、細かな写真を撮り忘れておりましたので、必死に文章タップリ書いてお伝えしたいと思います。ごめんなさい。

大きな問題とは、YAMAHA車で有ります以上、キャブレター〜インテークマニホールドレイアウトが延長したハンガー部の真下に位置してしまいます。
又、100mmロングと言う寸法ですと、エンジンマウントフレーム側ピポット部へ、キャブレター&エアクリーナーBOXが急接近してしまう事も判明しました。

スクーターの構造上、エンジン本体が上下にストロークしますので、各部上手く逃がしてあげれる構造にしなければ、各部の干渉は避けられません。常時干渉すれば、不要なトラブルも誘発必須となります。

尚且つ、ボディカウルも有る以上、少ないクリアランス内で収まりつつ、外観を損なわない様な美しい構造にしなければなりません。
困りました。
結論を申しますと、いつもですがこんな時は「時間が解決」してくれます。
急がず、焦らず1日で良い案が出なければ、2日でも3日でも自身が、お客様が納得行くまでじっくり適格な計画を練ります。

結果的に、画像に御座います様各干渉問題をクリアする為、アーム部オフセット、特殊な形状にする事で、無事クリア可能となりました。

IMG_0541[1].JPG

うーん。真上からの画像なので、主要箇所が全然分かりません。(ハハ)
後は、伸ばした分捻じれ易く、ピポット部に負荷が増える為、良く考え補強を入れていきます。
因みに今回の材質は、全てss400 鉄です。

画像が無いので、説明しますと、長物や位置関係の決まっている物(今回のご依頼ケース
ですと、まず絶対捻じれ、ズレては困る、ホイールセンター、ピポット、マウント左右位置 と言う「守るべき位置関係」がそれにあたります。)

ネジや、ボルト接合ならともかく、溶接加工ですので、熱による歪も抑制してあげなければなりません。
その為、当店の場合ですと、この様な場合必ず 治具を作成した上で治具上で溶接〜加工を行います。

溶接完了後、微妙な誤差の修正を行い、錆止め塗装(プラサフ)、塗装を行い100mmロングエンジンマウントの完成です。
IMG_0537[1].JPG

IMG_0539[1].JPG

IMG_0538[1].JPG

IMG_0536[1].JPG

残す加工は、マウントの構造上、メットインスペースの底部の干渉がどうしても避ける事が困難だった為、底部の一部をカット〜サイド蓋 加工致しました。


IMG_0540[1].JPG
他、リアブレーキワイヤー(他車種用流用加工)、ステーター〜ハーネス間延長カプラー、各ホース類延長、プラグコード延長、リアサスペンション(他車種用流用加工)
を行い全て完成となりました。

一言述べさせて頂きますと「とてもカッコ良い」と言う事です。
さり気無いロング間が、車体を引き立て逆に目立ちます。大人カスタムな感じです。

当店へのご依頼誠に有難うございました。

この様な、特殊なカスタム、製作や通常整備〜車両販売 等 承っております。
遠方のお客様は、可能な範囲で宅急便にて対応させて頂きます。
又、SHOP様、企業様よりのご相談も承っております。

どの様な事でも当店の、技術、設備にて可能な範囲でしたらご相談承っております。
決して手を抜かず、その時その時のベストを尽くさせて頂きます。

まずは、お気軽に電話又はEメールにてお問い合わせください。
ご相談お待ちしております。

宜しくお願い致します。

ではでは。
posted by だいさん at 03:38| Comment(1) | TrackBack(0) | 製作 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
随分前の記事にコメント失礼いたします。お聞きしたいのですが、こちらのハンガーは現車を持ち込まないと制作不可能でしょうか?可能な場合のお値段幾らくらいになりますか?
Posted by nanathiki at 2016年02月17日 12:13
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
この記事へのトラックバックURL
http://blog.seesaa.jp/tb/400624505

この記事へのトラックバック