2012年02月07日

ハーレー車種不明 フロントブレーキマスター アルゴン溶接修理

二月に入り早一週間です。しかし、悪天候続きで気分も曇りますね。こんな時は、良く食べ良く寝る!です(笑)
不謹慎感が、否めませんが人間に取って欠かせない事で有り明日への活力にもなる事ですよね?!
キッチリ充電してあげて、キッチリ使う事が大切なのでは?まるで、携帯電話の充電サイクルの様です。余談は、さておきも一つ余談になります。

と、ここで少しばかり営業させて下さい!
当ブログ左覧の『営業内容』にも記載させて頂いてます、『塗装業務』も行っております。
塗料は、 関西ペイント レタンPGシリーズを主に使用しており、下地造りからトップコート、磨き作業まで手を抜かず丁寧なペイントを常々心掛けております。
価格設定ですが、塗装業務全般的にペイント相場よりかなり抑えさせて頂いております。

あまり何々だから安くと言う、言い訳的な価格設定方法は好ましく無いのですが、今の私には出来る術となっております。
事由として、まず
@塗装ブース設備が無い為気候、天気等により作業進行が左右されやすい為
(今現在ご契約頂いております、250cc販売車両も先日全塗装を行いましたが、悪天候続きで本当泣きました)

A現状上記設備で有る為、対策を取り注意を払っても小さな異物、ゴミが塗膜内に混入してしまいます。

B塗装クオリティーとしましては、プロペイントショップさんが上の上としましたら、当店の塗装クオリティーは自己評価ですが、中の中〜中の上近辺だと思います。
色々な事を細かく色々な面から見ると、非常に
奥が深いです。日々精進です。

この様な感じで、塗装業務を行っております。
是非宜しくお願い致します!

本題が、遅くなりました。
先日ご依頼頂きました、ハーレー 車種不明のフロントブレーキマスターシリンダー アルミアルゴン溶接修理になります。

まず、物がこちらです。
image-20120207182313.png

image-20120207204312.png

マスターシリンダー上部より見た状態ですが、ブレーキホルダー上側が欠損しております。

これから、欠損部の代わりに板材を切り出し溶接して行く訳ですが、物がブレーキです。
重要部品ですので、綿密に考察してみました。

image-20120207183126.png
またまた、残念な手書き図ご勘弁下さい。
打ち合わせの際、お客様の方へ提案させて頂いた図その物になります。
まず、強度を考えるべく力のモーメントから考えてみました。
マスターシリンダーへピストンを組み込んだ状態で圧をかける(握り込む)と、いかに欠損修正部へ負荷(引っ張り方向)がかかるかが解るかと思います。
修正の際強度を重視しなければなりません。
又、欠損箇所すぐ横にピストンが入る為熱歪みによるシリンダーの変形が心配されます。
歪んでしまえば、フルード漏れ等を引き起こし結果として『使い物にならなく』なってしまいます。
図上の他の図は、上記の問題点をクリアする為提案させて頂いた物になりますが、コスト的な事で見送りとさせて頂きました。
当初よりの、アルゴン溶接での修正となりました。

image-20120207204227.png
欠損部の板材は整形済みの物を、お客様の方でご用意して下さいました。

image-20120207204514.png
強度確保の為、接合部へ開さき加工を施します。
裏面が、レバー摺動面に辺るので、溶接後ビートを削り取らなければいけない為切削後の強度確保の為と、板厚が約5mmと極厚とまではいきませんが、良く溶け込ませ、2〜3層ビートを盛りたいので、かなり深めに開さき加工を施しました。
同時に、接合部の擦り合わせもキッチリ行います。

image-20120207231127.png
同じ板厚、同じ部材でアークを飛ばし機械のベストな設定を割り出します。
今回は、奇跡的に一度で決まりました。
エクスタシーです。
設定後、仮付けします。

image-20120207231427.png
本溶接ですが、外観部品、接合面に機密性を要する物(マフラー接合面等)はいいかげんにアースを取ってしまうと、良からぬ場所でスパークしたりしてしまい、クレーターで外観台無し、傷で排気漏れ等起こし兼ね無い為、アース方法も考えて取ります。
ビシッとアースを取ればアークその物の安定にも繋がり、結果としてアース一つで溶接品質が向上します。
アースやら、アークやらややこしいと思います。ごめんなさい。

image-20120207232241.png
裏表共に、2〜3層程溶接盛りを行いました。
懸念してました、歪を出さ無い為少しビートを引いては冷ましビートを引きを繰り返します。
素手で触れる程の温度を極力キープします。
シリンダー内にも冷却の為に、工夫を凝らしましたが誠に申し訳御座いませんが、お見せ出来ません。
企業秘密と言う程の事では有りませんが、ノウハウです。

image-20120207232829.png
裏側は、レバー摺動面の為この様に切削、研磨をしました。
レバーに上下の遊びが出過ぎ無い様に、フラットに仕上げます。

image-20120207233038.png

image-20120207233059.png
各部、研磨仕上げを行い完成です!
表側ビートは、切削してしまえば、修正後がほぼ分からなくなりますが今回のケースは、欠損箇所、マスターシリンダー母材の材質よりして表側切削仕上げは危険と判断しました。

この度は、当店へのご依頼誠に有難う御座いました。
またの、ご利用心よりお待ちしております。
I様その後使用上いかがでしょうか?

今回のご依頼オークションにてジャンク品をお安く入手されたそうです。

中古品、絶版品を入手したのは良いのだけれど、修正し無いと使え無くてどうした物か?!

この様なケース勿論承ります!!
どの様な事でも、全力でさせて頂きます。
是非一度お話をお聞かせ下さい!

又、遠方のお客様は宅急便での対応させて頂きます。

では!






posted by だいさん at 23:46| Comment(0) | TrackBack(0) | 溶接、加工 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
この記事へのトラックバックURL
http://blog.seesaa.jp/tb/251021220

この記事へのトラックバック