2012年03月12日

シボレー アバランチ マフラーフランジ溶接加工

また、少し間が空いてしまいました。orz
反省、、、します。
重作業が重なりしばしバタバタしております。有難いですm(_ _)m感謝しております。
とここで、先日の冒頭に記載しました『塗装業務』の事で一つ訂正させて頂きます。
今現在、塗装のご予約も4件程頂いており先日お話しました内容を元に、本当にこのクォリティーで良いのか??と、ご予約を頂くに連れ、自問自答を幾度と無く繰り返しておりました。
答えは、NOです。ベストでは、有りません。
ベストを尽くさずして、お客様に顔向け出来ません。
より良い環境で塗装業務を行う為、店舗裏スペースに塗装ブースを製作し始めました。
小規模&自然吸気式と、ペイント屋さんのブースより劣りますが、作業性、塗装クォリティー共に向上させる事が出来るかと思います。

余談は、置いておきましてこの度のご依頼は、アメリカ車(間違って無いでしょうか?)シボレー アバランチ マフラーフランジ溶接加工になります。
今回のご依頼通常に、修正等の為フランジを溶接するのでは無く一風変わった加工でその後が、とても興味深い物でした。
内容ですが、センターパイプ部へY字のパイプを取り付け、片側へ電動のバタフライバルブを取り付けると言った物でした。
文字での説明は困難ですが、どうですか?ワクワクしないですか??
他車種でも有る、排気ベンチュリーみたいな感じです。
それでは、行きましょう。

image-20120312032647.png

image-20120312033905.png

まず、これがそのパイプとユニットに辺ります。MADE IN U・S・Aですかね?!
こちらは、お客様サイドでご用意して頂きました。

当初、センターパイプをカットして直接溶接加工とご相談を受けて居りましたが、メンテナンス性、ノーマル形状復帰を視野に入れると利便性が失われるのではと思い、各エンドへフランジを溶接し、ボルトでの取り付けを提案させて頂きました所承諾頂けましたのでフランジ溶接加工との運びになりました。

image-20120312033935.png
これが、取り付けるフランジになります。
SUS材になります。
本当は、4枚ですが1枚仮付け中にハッと写真を撮り忘れていた事に気付いた時の物ですので3枚になります。
ここで、円の内径に着目して頂きたいと思います。目安となる定規を当てながら写真に収める事を忘れて居りましたが、内径70mmになります。内径が、パイプ直径ですので極太ですね!
資料を見た限りでは、排気量が5000cc程有るみたいです。(8000ccか5000cc確認しておりません。どちらでしょうか。)どちらにしろ、大排気量ですね。アメリカンです。


image-20120312035301.png
こちらが、マフラーを持ち帰りカットした物です。余談ですが、先日のバンドソーでカットしましたが、鋸刃をレノックス社製の物に変えてから本当に良く切れます。
断面も綺麗です。


image-20120312035724.png
こちらの、接合部にフランジを溶接して行きます。

image-20120312040107.png
通常、フランジをパイプ径に合わし購入すると思いますので、フランジ内径と、パイプ直径のクリアランスは殆ど出ませんが、今回アメリカ規格なのか分かりませんが、パイプ径が75mm
フランジ内径が76.3mmと少しクリアランスが出てしまいました。(フランジ内径75mmが、流通しておりますが、高価でした。)
当然、クリアランスを可能な限り詰めておきます。鉄パイプを用い、ハンマリングです。

image-20120312040835.png
次に、並行してマフラー本体側の下準備をしておきます。
溶接代の表面研磨、内部カーボンの研磨(カーボンを取っておか無いと溶接の熱をかけた際、変な煙、有毒ガス?が出ます。体に、良いとは思えません。)カット際の、直角出しを行っておきます。

image-20120312041356.png
そして、仮付けです。
パイプに対しての、フランジ角度に気をつけます。

image-20120312041848.png
今回、フランジ厚9mmと厚めの物を使用した為パイプ肉厚との差実に7mm前後になります。歪やすいステンレス溶接に、板厚違いの溶接気を使います。
極力歪ませ無い様、少しづつ少しづつ冷却しては、溶接、冷却しては、溶接していきます。大きく、面が歪めば即排気漏れです。

image-20120312042511.png

image-20120312042631.png

image-20120312042655.png
やはり、少し歪が発生した為歪修正、面研磨を施しました。
image-20120312042849.png
定盤上で、面確認します。
裏からライトアップしています。
光がほぼ、こぼれていない事から荒面が出ていると言えます。

image-20120312043053.png
Y字パイプは、酸洗い後不繊維磨き仕上げ、マフラー本体側は耐熱シルバー塗装を掛けさせて頂きました。

image-20120312043419.png
最後に、釣りフックの一箇所が車体から取り外す際どうしても車体に干渉してしまいマフラー本体を取り外す事が出来なかった為、釣りフックを一部カットしました。

そのまま溶接してしまっては、逆に車体へマフラーが取り付けれなくなってしまいます。
カットした、部分をボルト止め式に加工させて頂きました。

image-20120312043853.png

image-20120312043936.png
フランジボルト及び、釣りフック取り付けボルトは全てクロモリ高強度ボルトを入れさせて頂きました。
高強度です。

image-20120312044246.png

image-20120312044313.png
完成です。
後は、お客様の車両の方へ取り付けさせて頂きました。
始動チェックが出来なかった事も有り、その後が凄く気になる所でも有ります。

この度は、当店へのご依頼誠に有難うございました。
また、何か御座いましたら宜しくお願い致します。

この様な比較的大きな車両、二輪、四輪問わず加工等承ります。

ただし、四輪に関しましては当方で脱着を行わさせて頂く際、下に潜れる車高又は、ジャッキUP出来る環境が有る、が必須となります。

まずは、一度お話をお聞かせ下さい。
どの様な事でも、全力でお手伝いさせて頂きます。

では。





















posted by だいさん at 04:57| Comment(0) | TrackBack(0) | 溶接、加工 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする